野球日和

巨人についていろいろ語り提言します

老兵の信頼

「信頼は変わらない?特にね」


上原がまたもや打ち込まれた
2番手でマウンドに上がった上原は3点を勝ち越され降板した。10日のDeNA戦で3失点して以来の登板だったが、またも救援に失敗した。
 上原は2死から走者なしから菊地に左翼越え3号ソロを被弾。丸を四球で歩かせると、松山、エルドレッドに連続適時打を許し3点を失った。





あの場面で登板させる投手なのかという
結局中川がしりぬぐいさせる羽目になった。
上原は客寄せレベルでいいと思う。
戦うのは若い世代で、投手陣も若返りを図らないといけない。
由伸監督に誰も優勝争いは求めていない。
まあ無理だろう。


打撃陣は若返り、広島をあと一歩まで追い詰めた。
後は投手陣である。若い世代に切り替えていかなくてはいけない。
ベイスターズの京山のように巨人の先発も若い世代に変えていかないと。
先発も大江や高田といった若い世代がいるのだから
彼らに任せればいいのだ。
そこに巨人の未来があるわけで。
由伸時代は低迷に終わりそうだが若い芽が出てきた
後で言われるようにならなければ。




痩せない2人


高木菜那さんの始球式で始まった試合。
冬季五輪の壮絶な戦いは見事でした。


スピスケで散々体重管理の大切さの特集を見た後で
巨人のぶよぶよの選手を見ると泣きたくなる。
「巨人の選手は紳士たれ」、の前にアスリートたれ
ではないだろうか。


菅野と田口は少しは痩せてるかなと思ったが
全く変わってなかった。1週間では痩せないが。


特に田口みたいな繊細なコントロールが
持ち味の投手だと体重をグラム単位で管理しないといけないと思うのだが
全くその気配すらない。
なんとなく丸に3ランを打たれて昨日の大勝をふいにしてしまった。
ファンもあんなに太って結果が出ないんだから
もう少し怒っていいと思う。
プロの自覚がないんではないだろうか。
 3試合 0勝1敗 防御率8.36 と普通は2軍行きである。




打線はゲレーロの初アーチも含めて頑張ってるが
先発がいない。
菅野田口があの調子で山口俊・野上もほどほど
吉川光は期待できるか、微妙。
外国人投手はというと2人とも中継ぎ抑え。




【巨人】ヤングマンが2軍で来日初勝利 4登板で防御率2・16と安定 : スポーツ報知


巨人のテイラー・ヤングマン投手(28)が14日、イースタン・リーグ西武戦(西武第2)に先発。6回2失点と安定した投球を披露し、2軍ながら来日初勝利をマークした。



ヤングマン投手がいいので上げてもいいかもしれない
ただ枠が。

基本に忠実に


巨人はベイスターズに比べても他球団に比べても基本がなってない
走塁・守備その他もろもろ  とにかくおおざっぱ 雑 いい加減で
細かさがない。
次の塁にいける、いけない、見てるか見ていないか、これって非常に大きい。ジャイアンツの走塁はミスが多い。


苦言をするんじゃなくってミスを犯さないことが大事なのに
コーチが基本を教えていないのか
それともやる気がないのか


守備位置も打者によって変えたりするのが普通なのだが
巨人の選手はただボケーと立っていたりする
キチンとコーチが細かく教えないと
吉川尚も岡本も腐ってしまう。


吉川尚も守備位置に全く変えようとせず
身体能力に頼った守り方になっている
岡本もいきなり5番に座らされ打てと言われても。


止まりそうにない連敗といい
由伸監督にあれこれ言いたくないが
正直向いては居ないと思う
去年13連敗した時点で続投はちょっと無謀だったのかもしれない